通信販売

私の少年 : 3 (アクションコミックス)

76 人が閲覧しました
アマゾンで購入する

参照データ

タイトル私の少年 : 3 (アクションコミックス)
発売日2017-07-14
製作者高野ひと深
販売元双葉社
JANコード登録されていません
カテゴリ » ジャンル別 » コミック・ラノベ・BL » コミック

購入者の感想

17.08.04
今年の3月にネットの漫画広告で存在を知り、絵が綺麗だったので1、2巻まとめて購入した。
そしてハマった。

とにかく登場人物の心の描写が繊細で掴みづらく、最初は難儀した。

しかし何度も繰り返し読むとそれぞれの心情が水滴となって、
時間の経過と共にまるで水墨画の墨の濃淡のように物語という和紙に心の『色』としてジワっと滲み出てくる 。感覚的で抽象的だがそんな印象を受けた。

同時に、心の描写を掴もうとしなくても説明がなくても感覚で理解できるということに
感銘を受けた。
本当に漫画でありながら余韻がある日本的で美しい文学のような深みのある
稀な作品である。

また、いろいろなレビューを読むと結構、モラルや現実的な問題としてどうかとこの作品に否定的な意見もある。
確かに子供を狙った悪質な事件は最近特に増えたとは思うが、この作品以外にもっと規制すべき品がないロリコン作品は山ほどあるはずである。
私は是非作者さんにはこのまま突き進んで行って欲しいと思う。

少なくとも、この主人公の女性聡子と少年真修の関係は一方的でもなく、搾取される訳でもなく、互いを必要とし合ってるのだから。
本当に次巻も楽しみです。

17.07.25
3巻早く出てっ!!って思ってたのに、今度は4巻早く出てっ!!です。
あー続き気になるっ!

17.07.22
まだ3巻ですが、この漫画は本当に名作だと思います。
物語が進んでいくのが楽しみでもあり、どこか怖くもある不思議な想いを抱いてしまう。

聡子と真修の悲しい別離が訪れてしまいますが…。こうなってしまうのはある意味仕方ないのかもしれないけど、それでもやっぱりあって欲しくはなかった展開。
聡子がいなくなってしまう事を悲しみ、涙しながら留守電に話しかける真修の言葉に、涙が溢れそうになってしまった。

聡子の真修への気持ちは本人にも周りの人間にも分からない、説明できないものなのかもしれないけど、真修の聡子への気持ちは、もしかしたら「初恋」と呼んでもいいものだったのかもしれない。
今まで読んでて気が付かなかったけど、ふとそう気付きました。

実家のある仙台に帰り、2年の月日が経ってから聡子の高校の同級生だった男が再会と共にアプローチしてきて、彼女も満更でもない感じでしたが、どうしても読んでて「そっちに行っちゃ駄目だ、聡子!」と呼び掛けたくなってしまった。

そして、中学生になった真修との奇跡の再会。
ドラマなんか、いらないー。確かにそうですよね。ドラマや非日常なんかよりも、本当に欲しいのは一緒にいたいと思う相手と過ごすささやかな日常。
別離が訪れた時、人が一番求めてしまうのは何よりもそれだと思います。

次の巻が出るのが楽しみでもあり、どこか怖くもある。でも早く読みたい。

レビュー数 3 です

あなたの感想

コメントを書いて下さい

関連商品

アマゾンで購入する

人気の商品リスト

review | jan | happymail | pcmax | BBchat |
2009 - copyright© みんなのコミュニティ all rights reserved.