通信販売

若冲百図: 生誕三百年記念 (別冊太陽 日本のこころ 227)

25 人が閲覧しました
アマゾンで購入する

参照データ

タイトル若冲百図: 生誕三百年記念 (別冊太陽 日本のこころ 227)
発売日2015-02-26
販売元平凡社
JANコード9784582922271
カテゴリ »  » ジャンル別

購入者の感想

16.07.15
 生誕300年を来年に控え若冲への関心が高まっている。開催中のサントリー美術館の「若冲と蕪村」展は盛況であるし、雑誌4誌(太陽、Pen、芸術新潮、SIGHT ART)が若冲特集を競っている。その中でも本別冊は充実した編集内容で他を圧している。

「別冊太陽」の若冲特集と他3誌の若冲特集との違いは、他の3誌が「解説を読ませる」ことに重点を置いているのに対して、本誌は「図版を見せる」ことを中心に据えて編集していることである。この「図版を見せる」特徴は、過去に発行されたさまざまな雑誌のの若冲特集と比べても際立っている。「別冊太陽」では総170ページのうち7〜8割は図版で占められていて、文章は2〜3割に留まっている。一方、他誌の場合は若冲特集数十ページの中で文章と図版はおよそ半分半分なのである。しかも、「別冊太陽」では図版が大きく扱われている。たとえば、「動植綵絵」は30点を1点1ページで紹介したうえで、「群鶏図」など6点は部分拡大図を添えて若冲の技法を分かりやすく示す。おまけに上質の印刷により色彩と細部が忠実に再現されている。この図版の大きさと印刷の美しさは若冲の技法と魅力を理解するうえでとても重要なことである。

  若冲の作品について7つの面からアプローチを試みている。1.動植綵絵と釈迦三尊像、2.初期作品、3.彩色画の世界、4.桝目画の動物、5.水墨画、6.拓版画と木版画、7.晩年の障壁画。それぞれの代表作を示し、解説することで若冲のもつスケールの大きさと多様性がおのずと理解できる構成である。緻密にして大胆、それでいて奔放な若冲の画風を眺めればある執筆者が彼を「日本のレオナルド・ダ・ビンチ」と評するのも納得がいく。この構成は、監修・解説に若冲研究者として名高い小林忠氏を起用した成果であろう。

レビュー数 1 です

あなたの感想

コメントを書いて下さい

関連商品

アマゾンで購入する

人気の商品リスト

review | jan | happymail | pcmax | BBchat |
2009 - copyright© みんなのコミュニティ all rights reserved.