通信販売

【パン作りにも便利な0.1g単位の高精度 / 最大計量2kg】 TANITA デジタルクッキングスケール ピンク KD-192-PK

48 人が閲覧しました
アマゾンで購入する

参照データ

タイトル【パン作りにも便利な0.1g単位の高精度 / 最大計量2kg】 TANITA デジタルクッキングスケール ピンク KD-192-PK
発売日販売日未定
販売元タニタ
JANコード4904785714007
カテゴリキッチン用品・食器 » 調理・製菓道具 » 計量・温度計・タイマー類 » クッキングスケール(デジタルタイプ)

【パン作りにも便利な0.1g単位の高精度 / 最大計量2kg】 TANITA デジタルクッキングスケール ピンク KD-192-PK とは

オシャレなクッキングスケール

【パン作りにも便利な0.1g単位の高精度 / 最大計量2kg】 TANITA デジタルクッキングスケール グリーン KD-192-GR
  • キッチン用品で人気のシリコン素材を採用したデザイン性も機能性も合わせ持つオシャレでキュートなクッキングスケール
  • ボウルをのせてもすべりにくいシリコンカバー付き
  • 文字高28mmの見やすい大型表示

  • 最大2kg、最小0.1g単位の計量が可能

    【パン作りにも便利な0.1g単位の高精度 / 最大計量2kg】 TANITA デジタルクッキングスケール グリーン KD-192-GR
  • 通常モードだと1g表示で0-2,000gまではかれる
  • 微量モード時は0-200gまで0.1g 、200-1,000gまで0.5g、1,000-2,000gまで1g表示※計量皿にのせている重さの合計によって、微量モード時の最小表示単位が変わる (風袋引きした重さも含む)
  • 地域設定機能でさらに高精度。高精度のはかりは、使用地域により重力の影響を受け、誤差を生じる場合がある。このはかりは、使用する地域を設定することにより、この誤差を解消する事ができる

  • mlモード機能付き

    【パン作りにも便利な0.1g単位の高精度 / 最大計量2kg】 TANITA デジタルクッキングスケール グリーン KD-192-GR
  • 通常モードだと1g表示で0-2,000gまではかれる
  • 微量モード時は0-200gまで0.1g 、200-1,000gまで0.5g、1,000-2,000gまで1g表示※計量皿にのせている重さの合計によって、微量モード時の最小表示単位が変わる (風袋引きした重さも含む)
  • 地域設定機能でさらに高精度。高精度のはかりは、使用地域により重力の影響を受け、誤差を生じる場合がある。このはかりは、使用する地域を設定することにより、この誤差を解消する事ができる

  • ボタンを押すと0gになりつぎつぎはかれる (0表示機能)

    【パン作りにも便利な0.1g単位の高精度 / 最大計量2kg】 TANITA デジタルクッキングスケール グリーン KD-192-GR
  • 容器の重さを省いて中身の重さを計れる
  • 電源を入れあと容器をのせて「0」表示ボタンを押すと、表示が0gになり、中身だけがはかれる。さらに「0」表示ボタンを押すと表示が0gになり追加計量もラクにできる
    ※容器と中身の合計が2kgまで

  • 取り外しができるので、シリコンカバーを洗える

    【パン作りにも便利な0.1g単位の高精度 / 最大計量2kg】 TANITA デジタルクッキングスケール グリーン KD-192-GR

    スライド式の壁掛けできるフック穴付き

    【パン作りにも便利な0.1g単位の高精度 / 最大計量2kg】 TANITA デジタルクッキングスケール グリーン KD-192-GR

    フック穴がスライド式なので、使う時だけ引き出せる


    カラーバリエーション

    • グリーン KD-192-GR
    • レッド KD-192-RD
    • ピンク KD-192-PK

    購入者の感想

    14.10.28
    今まで、パン作りなどの計量は細かいものは、タニタの専用のはかりを使って計っていました。それは100gまで計る小さなはかり。買った当時、定価で1万円以上しました。使っている電池はボタン電池。それでも、かなり便利でした。しかし、何年かたって、ボタン電池を入れる部分が割れてしまい、何千円も出して修理しました。粉や砂糖といった分量の多いものには、2キロまで1グラム単位で計れるはかりを使っていました。

    ところが、このはかりは一台で2役を兼ねてしまいます。値段はというと、普通のはかりの値段。これは買うしかないと、迷わず注文しました。

    電源は単四電池2本。昔使っていた2キロばかりは、単四電池が4本必要でした、今使っている普通の2キロはかりは単四2本ですから、使う電池の数は、今までと同じ。電源ボタンの他に上下にあるボタンを、計るものよって押し分けて、液体や、細かいものを計ります。慣れないうちはちょっと迷いますが、慣れればかなり便利です。表示される数字が大きくて見やすいのも助かります。もちろん、器を乗せて、電源ボタンを押せばゼロ表示になるので、パンをこねる時の小麦粉なども普通に計れます。

    上にあるシリコンカバーはすぐ汚れそうで不要かと思ったのですが、滑り止めにもなるし、洗うとすぐにキレイになるので、とりあえずカバーをかけて使っています。

    このはかりを買ってから、今まで使っていた細かいものを計る専用のはかりはお蔵入りになってしまいました。パン作りを始めてからずっとデジタルばかりを使っていますが、これほど便利なはかりはありません。

    製菓製パンで0.1g単位が必要なのは、せいぜい10gや20gまでなので、200gまで0.1g単位で計れれば十分です。粉を計った後に計量する時は、粉をこねるポットを外して別のカップに入れて計量するので全く問題ありません。

    レビュー数 1 です

    あなたの感想

    コメントを書いて下さい

    関連商品

    アマゾンで購入する

    人気の商品リスト

    review | jan | happymail | pcmax | BBchat |
    2009 - copyright© みんなのコミュニティ all rights reserved.