通信販売

人間の大地 (光文社古典新訳文庫)

30 人が閲覧しました
アマゾンで購入する

参照データ

タイトル人間の大地 (光文社古典新訳文庫)
発売日2015-08-06
製作者サン=テグジュペリ
販売元光文社
JANコード9784334753146
カテゴリ文学・評論 » 文芸作品 » 外国文学・著者別 » タ行の著者

購入者の感想

16.01.14
夏休暇に最高の贈りものとなった。
この8月6日に、大好きな『人間の大地』の新訳が光文社から刊行され、さっそく手元に届いた。僕はみすず書房の山崎訳(ときおり文学らしくない部分もある気がしたけれど作品への愛があふれ素晴らしい)で初めてこの『人生で出会えてよかったなと思える大切な美しい本』に出会い、その後新潮文庫の堀口訳(すこし古さも感じるけれども格調高くロマンティック)を読んだ。そのどちらも素晴らしい翻訳だったけれど、現在の視点からすると少し読みづらかったり、まだこなれていない感じも受ける。時間をかけて行ごとに意味を考える読書の楽しさを教えてくれ、想像を膨らまし時間を忘れる愉快さ、読書しながら思索にふける素晴らしさを教えてくれるこれら先達の翻訳に敬意をはらって訳出された今回の渋谷訳は、現代の若い読者たちにとっても、あるいは旧訳でこの名著に親しんできた人たちにも、明らかに読みやすくなっていると思う。さっそく読み比べながら楽しんでみた。かつて幸運にもサハラで、砂の上に座り夕暮れの光に包まれながら山崎訳を読んだときのことを、南仏で電車に揺られながら頁に鉛筆で印をつけ読んだ時のことを、鮮明に思い出した。光文社古典新訳文庫は、厚くなると価格はけっこう高いけれど、今回の新訳で、このサンテックスの最高傑作(のひとつ)に触れる機会が世に増えることをとても喜ばしく思う。翻訳の仕事は素晴らしい。この新訳で、また『人間の大地』の世界に飛んでいくことができた。
以下に、僕が読んできた順に、冒頭の部分を抜き書きしてみたい。本当に良い夏休暇になった。

2 山崎庸一郎:訳 (みすず書房 『人間の大地』 2000年8月初版発行)
 大地はわれわれ人間について、万巻の書物より多くのことを教えてくれる。大地はわれわれに抵抗するからである。障害と力くらべをするとき、人間はおのれを発見する。しかし、障害にぶつかるためには、人間には道具が必要だ。鉋や鋤が必要だ。農夫は、土地を耕すことによって、すこしずつ、自然からある秘密を奪い取ってゆくが、彼が明るみに出す真実は普遍的なものだ。おなじように、定期航空の道具である飛行機も、人間をすべての古い問題に参入させる。

レビュー数 1 です

あなたの感想

コメントを書いて下さい

関連商品

アマゾンで購入する

人気の商品リスト

review | jan | happymail | pcmax | BBchat |
2009 - copyright© みんなのコミュニティ all rights reserved.