通信販売

会社のことよくわからないまま社会人になった人へ

55 人が閲覧しました
アマゾンで購入する

参照データ

タイトル会社のことよくわからないまま社会人になった人へ
発売日販売日未定
製作者池上 彰
販売元海竜社
JANコード9784759313550
カテゴリジャンル別 » ビジネス・経済 » ビジネス実用 » ビジネスライフ

購入者の感想

15.12.29
会社について知りたくて購入しました。そこそこ勉強になったので☆3つです。

<概要>
本書は会社の入門書です。そもそも会社とは何か(第1章)、会社の組織(第2章)、会社の経営(第3章)、雇用のしくみ(第4章)などについて解説されています。また、学生や新社会人へのアドバイス(第5章)も書いてあります。

<勉強になった点>
会社で一番偉いのは誰か
会社で一番偉いのは株主です。株主は会社を所有し、経営はプロに任せます。それが取締役です。株主は株主総会を開いて取締役たちを選び、取締役たちは取締役会を開いて経営のトップを選びます。それが代表取締役です。つまり、会社の所有者=株主、会社の経営者=取締役、経営のトップ=代表取締役ということです。

取締役について
取締役は、社員でも管理職でもありません。「社員が出世して取締役になる場合、いったん企業を退職します。退職金も受け取ります。会社を退職して、会社とは関係がなくなってから、あらためて取締役に選ばれ、今度は経営のプロとして会社の経営に当たるのです。社員は会社と雇用契約を結んで仕事をしますが、取締役は会社から任されて業務に当たるのです。取締役は社員ではないので、毎月受け取るお金は給料ではなく報酬と呼ばれます。2年という任期もあって、評価が高ければ再任されるし、低ければ1期限りになります」(p75〜76)と書いてあります。

経営のトップについて
一般的には、代表取締役社長が経営のトップです。しかし、トップが複数いる会社もあります。たとえば、代表取締役社長の他に、「名誉会長」「取締役相談役」「代表取締役会長」などがいる会社です。ただ、このようなトップ構造だと、指揮命令系統がはっきりしなかったり、社長と会長の間で派閥争いが起きたりするリスクがあります。そのため、経営のトップは少ないほうがいいと書いてあります。

CEOとCOOについて
CEO(Chief Executive Officer)は最高経営責任者で、COO(Chief Operating

15.05.29
本書は、新人向けだけでなく、社会人ならば知るべき会社の基本が書かれています。

池上さんに依る本書は、正に現実を知りどう行動するべきかを知る為の良書です。

レビュー数 2 です

あなたの感想

コメントを書いて下さい

関連商品

アマゾンで購入する

人気の商品リスト

review | jan | happymail | pcmax | BBchat |
2009 - copyright© みんなのコミュニティ all rights reserved.