通信販売

ローマ人の物語〈22〉危機と克服(中) (新潮文庫)

34 人が閲覧しました
アマゾンで購入する

参照データ

タイトルローマ人の物語〈22〉危機と克服(中) (新潮文庫)
発売日販売日未定
製作者塩野 七生
販売元新潮社
JANコード9784101181721
カテゴリ »  » ジャンル別 » 文学・評論

購入者の感想

15.03.08
 ローマ帝国の「危機管理」の確かさが 実に読み応えがある。主導権を巡る内部闘争が 外部の反乱を招くというのは 現代の色々な「組織」でも良くある話だ。日経新聞を読んでいれば そんな記事は百出である。誠に 人間は2000年前と大して変っていない。
 そんな危機にどうやってローマ帝国が対応したのかが本書のテーマである。見事な危機管理振りには唸ってしまう。
 ここで塩野七生が追求しているのは その時点での登場人物たちの資質ではない。勿論 危機管理をやれた連中であり そもそもの個人の資質は高い。但し 塩野七生は そんな個人の資質に 危機管理の成功の原因を求めてはいない。むしろ カエサル以来のローマ帝国のスキーム自体に 成功の原因を求めている。そうして そのスキームを作ったカエサルを声を上げて賛美していると言って良い。そもそも この「ローマ人の物語」を書いている塩野七生の原点は「時空を超えたカエサルへの片思い」にあるというのが小生の 22巻まで読んできた実感である。
 それにしても昔のローマ人の危機管理は素晴らしい。時代を超えて 大変勉強になる。

レビュー数 1 です

あなたの感想

コメントを書いて下さい

関連商品

アマゾンで購入する

人気の商品リスト

review | jan | happymail | pcmax | BBchat |
2009 - copyright© みんなのコミュニティ all rights reserved.