通信販売

クラッカー・プログラム大全 新装版

56 人が閲覧しました
アマゾンで購入する

参照データ

タイトルクラッカー・プログラム大全 新装版
発売日販売日未定
製作者Kracker's & BEAMZ
販売元データ・ハウス
JANコード9784887189973
カテゴリジャンル別 » コンピュータ・IT » プログラミング » ソフトウェア開発・言語

購入者の感想

15.05.08
アマチュアですが現役のクラッカーです。

何か見たことある内容だなぁ、と思ったら

「クラッカー・プログラム大全―禁断のシリアルナンバー解析テクニック」

の新装版です。

しかも内容はほとんど変わってない。前版が古本で安く売ってるので本書を買う価値ありません。
以下理由をズラズラ書きます。

本書は2008年に出版されていますが、扱っているのはOSがWindows98と2000
そんなの出版された当時でも使ってる人はまずいないでしょう。
■■■■(2015/4/8 修正)■■■■
>>>(まぁ2000についてはXPや7とユーザーモードではスーパーバイザコールぐらいしか違わないと思うが、それでも酷い)
これ大嘘です。申し訳ない。
XP以前のOSはEXEやDLLはベースアドレスが空いていれば、毎回同じアドレスにロードされました。
しかしVista以降のOSだと、EXEやDLLにリロケートセクション(.reloc)がある場合、毎回違うアドレスにロードされる可能性があります。
これにより、直接アドレスを指定するCALL、JMP系の命令や、アドレスを指定して書き換える命令が正しく動作しなくなることがあります。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

クラック対策としてのデバッガの検出については何も書いてない。
検出法を知りたい方はこちらをどうぞ
[・・・]
(URLが消されるかも。「Windows Anti-Debug Reference | Symantec Connect」です。)

第4章において、VB、Delphiはもうほとんど開発に使う人がいないので、これらのツールは意味がない

第5章において、解析ツールとして取り上げられてるSoftIceは2006年の時点で既に販売終了していて、入手不能。
当時の価格で数十万円したうえに、例え手に入れても、あれはOSをのっとる形でデバッグするらしいので、恐らくVista以降は動かない

15.02.19
この本はとても分かりやすく説明してくれます。
プログラミングをするというよりアセンブリ言語の使い方をしてくれるので、本当に必須な1冊だと実感します。使い方は多様ですが、まぁ、買って読んでみたら分かることもたくさんあると思います。

レビュー数 2 です

あなたの感想

コメントを書いて下さい

関連商品

アマゾンで購入する

人気の商品リスト

review | jan | happymail | pcmax | BBchat |
2009 - copyright© みんなのコミュニティ all rights reserved.