通信販売

Akai Professional.LP ウインド・シンセサイザー EWI4000s【並行輸入品】

76 人が閲覧しました
アマゾンで購入する

参照データ

タイトルAkai Professional.LP ウインド・シンセサイザー EWI4000s【並行輸入品】
発売日販売日未定
販売元AKAI
JANコード0825213002203
カテゴリカテゴリー別 » 管・吹奏楽器 » 木管楽器 » サックス

購入者の感想

14.09.01
初投稿なので読みにくかったら申し訳ありません。
以前はサックス全般を7年吹いてきましたが、
一人暮らしを始めたので騒音を考えてEWIを購入しました。

まず、ヘッドフォンをつなげばどんなに大音量で吹いても大丈夫です。
使用していても防音室なんて必要ない、個人的には
生楽器なんて必要ないくらい最高の電子楽器だと思います。

しかし、やはり本物の楽器ではないのでアレンジを加えるまで操るようになるには
基礎練習が必要です。基礎練習は木管と同じ音階〜タンギングぐらいで、
木管経験者ならここまでは問題ないでしょう。しかし、
グライド・プレート(サックスで言うオクターブキー)に慣れるのはちょっと大変かも?しれません。

音階の練習に、このグライド・プレートの練習を盛り込むようにしましょう。
・・・滑らかに吹けたときの達成感はひとしおです。

さて、タイトルの説明に移ります。
本物の楽器(生楽器)だと皆さん吹いていて
「ああ、今日調子悪いな・・・」なんて日、ありませんか。
そんな日はなんだか周りに迷惑をかけているような気がして申し訳ない、後ろめたい。
吹いていて気分が落ち込んだり。(私だけかもしれませんが・・笑)

しかしこのEWIは電源を入れてひとしきり吹いた後、
(EWIがブレスの量やタッチキーの感度などを測っているのか分かりませんが)
気になるところの感度調整を行なうと、
液晶パネルが最適な感度を表示してくれるのです。

(実際は、調節中に表示される指定された線の点滅で、調節ツマミの最適な位置を探ります)
ツマミを少しづつひねるだけで、その日の体調に合わせた楽器が出来上がります。

これはすごい。
本物の楽器は、なんというか「自分の精神衛生」も整えてなければ良い音はでないものです。
そこが生楽器のいいところでもあるのですけれど、やっぱり日を選んでしまいますよね。

EWIは、不調な日でも寄り添ってくれる、

レビュー数 1 です

あなたの感想

コメントを書いて下さい

関連商品

アマゾンで購入する

人気の商品リスト

review | jan | happymail | pcmax | BBchat |
2009 - copyright© みんなのコミュニティ all rights reserved.