通信販売

別冊映画秘宝タイムトラベル映像読本 (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)

119 人が閲覧しました
アマゾンで購入する

参照データ

タイトル別冊映画秘宝タイムトラベル映像読本 (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)
発売日2014-11-26
販売元洋泉社
JANコード9784800303585
カテゴリ »  » ジャンル別 » ノンフィクション

購入者の感想

15.02.03
 英米の映画やTVシリーズのうち、時間旅行を扱った作品を取り上げて製作の裏話を綴った書です。
 特に手厚く取り上げられているのは『タイム・トンネル』『ドクター・フー』『ファイナル・カウントダウン』『ある日どこかで』『ターミネーター』『バック・トゥ・ザ・フーチャー』など10本です。

 『ドクター・フー』製作に至るBBCの裏話をまずは興味をもって読みました。
 1962年に「頭の良い14歳」を視聴ターゲットに、自主SFドラマを制作するにあたり、BBCが選んだテーマがタイムトラベルでした。プロデューサーのシドニー・ニューマンは悪役ダーレクを初めて見たときは、大いに不快感を示したそうですが、のちに半世紀を超える『ドクター・フー』シリーズの中でダーレクが最大人気を誇る敵役となったのは歴史が示す通りです。

 そして私がなんといってもワクワクしながら読んだのは『ある日どこかで』の章です。
 初公開の際には日米ともに観客の入りが悪かった作品ですが、のちにカルト的人気を獲得するに至りました。私も繰り返し見てきました。
 原作小説『Bid Time Return』も読みましたが、小説と映画との間に相違点があるのは、やはり映像化したときの印象を重視してのことだったのですね。陽光降り注ぐ西海岸よりも、落ち着いた感じの中西部のほうが視覚的には物語のイメージにあったというのは大いにうなずけます。

 残念ながら、著者の日本語は大変読みにくいものです。助詞の使い方が間違いだらけですし、主語と述語の接続にもおかしなところが山ほどあります。
 そしてそうした著者の日本語の間違いを、版元である洋泉社が放置したまま世に出したことが問題です。同じ洋泉社の『映画宣伝ミラクルワールド

レビュー数 1 です

あなたの感想

コメントを書いて下さい

関連商品

アマゾンで購入する

人気の商品リスト

review | jan | happymail | pcmax | BBchat |
2009 - copyright© みんなのコミュニティ all rights reserved.