通信販売

就職四季報 2015年版

87 人が閲覧しました
アマゾンで購入する

参照データ

タイトル就職四季報 2015年版
発売日販売日未定
販売元東洋経済新報社
JANコード9784492971291
カテゴリジャンル別 » 資格・検定・就職 » 学生の就職 » 就職ガイド

購入者の感想

18.06.03
いらない、今やネットがある必要でない。
全然つかいませんでした。僕は役に立ちませんでした

15.10.19
非常に有益な内容の本ですが、後半の「地域別・採用データ3800社」に関しては、情報が少ないのが残念です。就職に関連する情報としては、採用数くらいで、社名・住所・電話番号などホームページやリクナビなどで確認できる情報です。
一番知りたい「どの会社がどのテストを出すのか」という情報が無いのは残念です。そういうテスト情報を埋めるなら、この業界・企業でこの「採用テスト」が使われている 2015年度版を使うのが次善の方法なのかと思います。
前半に関しては、テスト情報も選考の流れも必要な情報は全て載っています。
情報の充実を期待したいです。

14.08.05
4年生です。
就職本は、どれも毎年まったくといっていいほど内容が変わらないですが、
就職四季報、SPI友の会シリーズ、内定勝者シリーズあたりは、けっこう最新情報を追加・更新しているので、とりあえずざっとチェックしておいた方が良いです。

この就職四季報は、昨年度版にはない「業種別、ES・GD・作文の問題例」が載っていて、就活初期に読むには有用だと思います。
ただ、実際に就活するとわかりますが、どこの業界、企業も、ESや面接で聞かれる質問って、そんなに大差はありません。

むしろ、人気企業の内定を取る人がESや面接でどの程度のレベルの回答をするのかをチェックしておいた方が良いです。
そういう意味では、「内定勝者」シリーズの「ES対策本」と「面接対策本」が有用です。内定者のESや面接の回答事例が、質問別、項目別に分類されていて、使いやすいです。説明も丁寧で裏技もしっかり載っています。

適性検査は、「SPI友の会」シリーズがおすすめです。まず、「この業界・企業でこの採用テストが使われている」をざっと読んで、「これが本当のSPI3」で、SPIの傾向を掴んでおくと良いです。

以上の本で全体の傾向をつかんだら、後は、人それぞれ、自分にあった補強をするための本を探すと良いです。
面接力を補強したければ「ロジカル面接」や「フェルミ推定ノート」が有用です。
自己分析に集中したければ「絶対内定」が有用です。

14.01.05
就職四季報に関しては、大体の内容は毎年変わらないと思いますので、2014年版(去年版)との比較からその違いだけにポイントを絞ってレビューさせてもらいます。

2014年版と違うポイント

・扱っている企業の情報量が減った。(昨年度5500社→5000社に)
・月あたりの残業時間/残業代の表記が増えた。(昨年度はありませんでした。)
・索引が、巻末から巻頭に移動した。(個人的には、引きやすくなったと思います。)
・業種別、ES・GD・作文の出題テーマというコーナーが今年は登場。

その他、些細な差異ですが・・・

・”会社比較”というコーナーで比較される会社の数が減った。(399社→383社)
・未上場会社で扱われる企業の数の激減。(4300社→3700社)
・もちろん、昨年度なかった企業が掲載されていたり、あった企業が掲載されていなかったりする。(例えば、「学校法人 慶應義塾」は昨年度掲載なし。)

実は、本日2015年度版を書店にて購入したのですが、気になった点はこの程度です。

以上の点を踏まえた上で、自分のレビューをするとするならば、

・ES等テーマ、残業項目の追加は就活生として、かなり嬉しい。
・その一方で、削られた情報があったのは残念。

掲載されているのは、言うまでもなく年収等企業の情報ですので、ネットでもある程度調べられるというのが現状です。
ESテーマの掲載も、大手就職サイトのサービスを意識してのことでしょう。

ただ、これだけの情報をいわば辞書的に見やすくまとめてくれている事こそがこの本の真の価値であり、2000円弱というその値段も含め、就活生は一冊手元に置いといても良いのではないでしょうか、と思います。

レビュー数 4 です

あなたの感想

コメントを書いて下さい

関連商品

アマゾンで購入する

人気の商品リスト

review | jan | happymail | pcmax | BBchat |
2009 - copyright© みんなのコミュニティ all rights reserved.